fc2ブログ

たるるの部屋(・ω・)

旅行と散歩とちょっぴりペットのブログです♪

清水寺 音羽の瀧と境内風景

★今日は前回の続きで、京都府京都市東山区にある北法相宗の大本山の寺院「清水寺(正式名称:音羽山清水寺)」からお届けします。

52P1050263.jpg


★乾山記念碑と仁清記念碑。

54P1050266.jpg


★積み上げられた石。

51P1530498.jpg


★奥の院の真下の位置にある「音羽の瀧」。
清水寺の開創の起源、寺名の由来となった瀧。
流れる清水は金色水・延命水と呼ばれ清めの水として尊ばれてきました。
六根清浄、所願成就のご利益があります。

55P1530501.jpg

56P1530504.jpg


★新緑が美しい参道。

57P1530507.jpg


★本堂の下の方の骨組みが良く見える場所より。

58P1050270.jpg


★「アテルイ・モレの碑」。
蝦夷の首長阿弖流為(アテルイ)と母禮(モレ)の名が刻まれた石碑。
アテルイは蝦夷征伐に派遣された坂上田村麻呂などと戦った蝦夷のリーダー。

59P1530510.jpg


★美しい石垣。

60P1530511.jpg


★三重塔を西門付近とは反対側の方角から。

62P1530516.jpg


★「南無観世音菩薩」と書かれた碑。

65P1530518.jpg


★「中興堂」。

66P1530519.jpg


★「鎮守堂(春日社)」。

67P1530520.jpg


★お地蔵様たち。

68P1530522.jpg


★秋の清水寺も来てみたいと思わせる美しい新緑の季節の訪問でした。

61P1530514.jpg
【 2022/07/03 】 京都府 | TB(-) | CM(0)

清水寺 阿弥陀堂・奥の院・子安塔

★今日は前回の続きで、京都府京都市東山区にある北法相宗の大本山の寺院「清水寺(正式名称:音羽山清水寺)」からお届けします。

41P1530483.jpg


★奥の院方面へ向かいます。

1631年再建の入母屋造り・檜皮葺の建築物「阿弥陀堂」。
ご本尊は阿弥陀如来。

阿弥陀堂の奥に見える建物が奥の院。

32P1530462.jpg


★「奥の院」。
現在の建物は本堂と同じ1633年の再建。
本堂と同様に舞台があります。

35P1530468.jpg

39P1530474.jpg

38P1050257.jpg


★奥の院から眺める本堂。

36P1050250.jpg


★ふれ愛観音さま。

40P1530480.jpg


★奥の院の後は三重塔「子安塔」へ。
聖武天皇・光明皇后の祈願所と伝えられる塔。
詳しい創建年代は不明、現在の建物は1500年の再建。
塔の内部には子安観音(千手観音)が祀られているとのこと。

42P1530485.jpg

44P1530490.jpg


★子安塔付近から眺める本堂方面。

43P1050261.jpg


★境内にある稲荷神社。

46P1530493.jpg

47P1530494.jpg

48P1530495.jpg


★「高照弁財天」。

49P1530496.jpg


★参拝順路に従いてくてく歩きます…続く。

45P1530492.jpg
【 2022/07/02 】 京都府 | TB(-) | CM(0)

清水寺 轟門から本堂まで

★今日は前回の続きで、京都府京都市東山区にある北法相宗の大本山の寺院「清水寺(正式名称:音羽山清水寺)」からお届けします。

雨脚がちょっと強くなってきた頃本堂へ続く「轟門(中門)」を通ります。
現在の建物は寛永年間に再建されたもの。

01P1530523.jpg

02P1530434.jpg


★1633年再建の「朝倉堂」。

03P1530438.jpg

04P1530437.jpg


★音羽山の断崖に建つ「本堂」に到着。
1633年再建の木造建築で千手観音菩薩を祀っています。
舞台の高さは約13m。

清水の舞台からの眺望。

06P1050232.jpg

07P1050230.jpg

08P1050227.jpg


★本堂内部。

09P1530453.jpg

11P1530452.jpg

10P1530450.jpg

05P1530440.jpg


★本堂参拝後は奥の院方面へ。

12P1530457.jpg

13P1050239.jpg


★1631年再建の「釈迦堂」。
このアングル以外で撮ることができず。

14P1530460.jpg


★奥の院の手前には「百体地蔵堂」。
奥の院から先の風景は次の記事に続きます。

15P1530466.jpg
【 2022/07/01 】 京都府 | TB(-) | CM(0)

清水寺 仁王門から轟門まで

★今日は京都府京都市東山区にある北法相宗の大本山の寺院「清水寺」からお届けします。
正式名称は"音羽山清水寺"。

01P1050216.jpg


★人が少ない時間帯を狙い朝一で訪問。
お天気は時々小雨。
ちょっぴり残念。

清水寺の正門「仁王門」を通り境内へ。
門は応仁の乱の戦火で1469年に焼失しましたが1500年前後に再建。

02P1050219.jpg


★仁王門を抜けてすぐ左手側に建つ「馬駐」。
ここも重要文化財。

03P1530411.jpg


★明治初期の基準点標石。

04P1530412.jpg


★「西門」。
現在の建物は1633年再建。
ここから眺める夕景が美しい…とのこと。

06P1050221_20220630224853db2.jpg

05P1530415.jpg


★西門を抜けた先の景色。

07P1530416.jpg


★桃山建築様式の粋を凝らしたつくりの「鐘楼」。
平安期の建造。
1607年に現在の場所に再建・移築。

09P1530419.jpg

08P1530417.jpg


★高さ約30m国内最大級の「三重塔」。
創建847年。
現在の建物は1632年に再建されたもので大日如来像を祀っています。

10P1050226.jpg


★「随求堂」。
1735年建立。大随求菩薩を本尊として祀っています。
縁結び、安産、子育ての神仏もお祀りしているそう。

ここにて胎内めぐりを体験できるとのことですが、流行病の関係でできませんでした。

11P1530422.jpg


★1633年創建の「経堂」。

14P1530427.jpg

12P1530424.jpg


★随求堂の奥に建つ小さな祠。

16P1530431.jpg


★轟門から先の風景は次の記事にてご紹介します。

13P1530425.jpg
【 2022/06/30 】 京都府 | TB(-) | CM(0)

さえらのサンドイッチ

★今日は簡易更新にて失礼します。

北海道札幌市中心部のサンドイッチ専門店「さえら」さん。
久しぶりにお邪魔しました。

ここに久しぶりに来るとほぼタラバガニとフルーツのサンドを注文してしまう。
とってもおいしい^^

01P20220614-01.jpeg


さえら
北海道札幌市中央区大通西2丁目 都心ビルB3F
【 2022/06/29 】 札幌市:グルメ&北海道銘菓 | TB(-) | CM(0)
プロフィール
★旅とお散歩&時々かえたん(我が家のおばあちゃんワンコ)のことを自分用に綴っているブログです。

世間話は雑記ブログ「たるるの独り言(・ω・)」にて。
http://kaetan1120.blog135.fc2.com//

うさ

Author:うさ

かえたんプロフィール
★パピヨンのかえで♀
目と耳が不自由なおばあちゃんワンコ
Instagram
※最新投稿の閲覧は画像クリックを!
(リンク作れなくて静止画貼りました)

月別アーカイブ